マトリョーシカおばさんのピアノにっき

40代になってからピアノを再開した、寒がり主婦のピアノ日記です。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. etc.
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

レッスンでした。

先日、久々にレッスンを受けました。
連休、家庭訪問、午前授業などで、さっぱり予定が
たたず、、。

ハノン、、左手の親指の力がなかなか抜けない。くの字に
まがったまま。でも、リズム練習はハノン2番に入った。
ホントはスケールやらなくていいのかな?と思いつつ、
2番をやろうとしている。

チェルニー100番。
一度弾いたら、先生が「子供ならすぐ丸ですね」と。
どうやら、チェルニーにはチェルニーの弾き方があるらしく、
左手が弱すぎる和音でもダメらしい。最後の音も上にあげるのでは
なく、その場で弾き終わる。
途中までかっちり弾いてきて、途中からふわりと優しく歌い出す。
私には考え付きもしなかった弾き方だ。
表情の付け方ってまだまだわからない。

メリカント2曲
事前に、形になってきました、なんて言うんじゃなかった、、
結構ボロボロとまちがった。
間違ったのもしょぼんとしたけど、1曲を大きくみれない、
表情が途中で途切れている、のがショック。
次の音につなげるように、もっていくことが難しい。
オーバーアクションしないで、たっぷりと歌うこと。
視界を広く持つこと、など。

ちょっと弾けるようになった気分でいたけど、
まだまだだった~~~。
途中のペダルなし、は何故ないのか、これがエスプリですよ、
と言われる、、。めいもこ様にも同じこと言われていたなあ。
聴いている人におや?と思わせる、1小節の休み。
軽い和音で上昇して、最後に解決させる、ゆったりとした和音。
メリカント、どこまで仕上げられるかなあ、、。
発表会まで4週間をきっている。
おちゃらけ発表会にならないよう、親睦会で終わらないように、
でも、楽しいなつかしいワルツ・レントにしたい。
ショパン風ワルツの方も、解釈が結構違っていた。
メリカントさんが一番つたえたいメロディは何だったのか、
考えてみようと思ったレッスンでした。

レッスンをおわってお昼を食べたら、ヘトヘトになっている自分が
いて、、昼寝しました。
いつも充実したレッスンをしてくれる先生に感謝です、、。


スポンサーサイト

  1. etc.
  2. tb: 0
  3. cm: 6
  4. [ edit ]

月光第一楽章、弾き語りか?(笑)

ベートーベン、月光第一楽章。3連符で静かに始まるこの曲、初心者には難曲である。
だいたい、右手の4,5の指でメロディを際立たせてピアノで歌わせるなんて、
ワタシにとってはサーカスの芸当のような難しさだ。

が、サークルにはサラリとこの曲を弾く人もいる、、。
サラリと弾けない、ワタシと同じような人もいる(笑)
その人と、「弾けないメロディの部分は、歌っちゃえばいんじゃない?」と
いう話になった(笑)
タッカタ~~ン、、、と歌いたかったワタシ。
が、もう一人の彼女は、歌詞をつけたらどうだ?というのだ(笑)
「月の~~~ひかり~~~」
確かに、歌詞はつけやすいかもしれない????

ピアノサークルだが、弾けない部分は歌おう。
なんておちゃらけた、楽しいサークルなんだろう(笑)
おなかを抱えて笑っちゃったわ~~。
彼女が本当に、月光に歌詞をつけてくれたら。
ピアノ&合唱サークル誕生かもしれない(笑)

さて、冗談はさておき、、、(冗談じゃないんだけどね)
今日は難曲を友達にムチャぶりし、生で聴いて満足してきた。
まずは、月光第3楽章をかふぇばー様に。
先日(おとといですね)よりテンポアップされ、表情も出てきました。
美しい、、、。かっくい~のです。今度のホール練ではますますパワーアップ
されることでしょう。どうぞ、照れずにオーバーアクション気味に弾いて
いただきたいところです。

勢いをつけて、ショパンバラード1番をめいもこ様に。

いきなりバラ1を無茶ぶりされためいもこ様でしたが、見事に
最後まで弾いて下さいました。ありがとうございます。
どうしていきなり弾けるのでしょうか。ちょっとウルッとしてしまいました。
多少困惑された風でしたが、快く引き受けてくださり、
次回はショパンスケルツォ2番も弾いてくださるとか☆
(通称ところてんですがな)

いや~すごい。同じ人間とは思えないですわ。
きっと、宇宙人に違いない、、、。

で、影響を受けやすい白チェブは、とうとう月光第3楽章に手を
つけてしまったのでした。
14小節まで、ヨタヨタと弾いては満足、、。
注意点は、♯がついてるから黒鍵とは限らない、ということ。
シの♯は白鍵のドなのですね。で、楽譜に、「白ド」と書き込む。
これで次から迷わないわ~~こっちのものよ~~
ただ、同じ小節内でこれが有効なので、あっちにもこっちにも
「白ド」と書き込まないと忘れる。
憧れの曲なので、たぶん音は合ってるだろう。
一日目で14小節です。何小節まで弾けるかなあ。
まずは1ページを目標にします。全部で、確か10ページかな。
かふぇばー様は全部を10分で弾かれました。
速ければいい、というものではないですよね。
たぶんまた意外なところで、切々と弾かれるのでは、、?
楽しみにしております。

さて、明日はワタシのレッスン日。なんて言われるかなあ。

今日は自分の好きな曲をリクエストして、弾いてもらえた
輝かしい日でした。コンサートみたいでした。
またきっと弾いてくれるに違いない、と夢みております。
ワタシは足元にもおよばないものの、刺激をうけてモチベーション
あがりっぱなしになりそうです。

世の中は、ステキだけど、難しい曲でいっぱいだ!!






  1. etc.
  2. tb: 0
  3. cm: 8
  4. [ edit ]

アップライトピアノお披露目会☆

今日は我が家にやってきたアップライトピアノをピアノ友達に
お披露目する日でした。

我が家にやってきてから1周間たったアコピちゃん。毎日メリカント
ばかり弾かれて、他の曲も鳴らしたいと思っていたはず!?

今日は友だち3人が順番に弾いてくれて、とても嬉しそうでした。

ショパンノクターン9-2,コルドバ、イタリア協奏曲、月光3楽章、
ソナチネ、鐘、デュエット、ベニスの舟唄、ショパンアンプロンプチュ、などなど。

せまい部屋に座布団だのイスだの、テーブルだの出して楽譜もひっぱり出して、、

来てくれた友達が、パンケーキ?やら羊羹やらプリンやムースをおみやげに
くれて、早速いただいたのでした。どれもおいし~~。

隣の部屋ではオス猫のチャオが興味深々で、ピアノ部屋に来たがっている。
が、ピアノ部屋はネコは出入り禁止なんだよ~~~~
隙間をあけておくと、そこから手だけ出しているチャオ。笑える~かわいい~

ピアノの音がどのくらい近所に聞こえているのか、気になるワタシは
家の周りを1周してみました。ピアノを弾いているのは聴こえるけど、
うるさいカンジはない。(外にいての話)
これならきっと文句も出ないだろう、きっと。

1時過ぎ、用事のあるフクママさんは帰ってしまった。
2時頃、かふぇばーさんも帰るといいだしたので、
近所のピアノ友達のピアノも弾いてみたら、?とお誘い。
近所の友達は白チェブ家から約100歩ほど。
新しくて、ひろいステキなお家だ。

友達のアップライトは音量がクリアで響きがすごい。
ここでまた英雄ポロネーズだの、悲愴第1楽章、アナと雪の女王、
ボロボロのテンペスト第3(ワタシだ)など引き散らして
楽しい一日を送りました。

あああ~ワタシも月光第3、弾くぞ。かっくい~~
テンペスト復活も考えておかなくちゃ、、、。

ショパンはどこへ行った?なんか、、今日はベト様が多かったような?
ベト様には冬が似合うと思う。いまから練習すればきっと冬には
形になる、、かも、、、???

きてくれた友達、ありがとうございます~たいしたおもてなしも
できませんで、、汗
よかったらまた何度でも来てくださいませ。
お待ちしております。
今日これなかった方にも、ぜひ来てほしいなあ。




  1. etc.
  2. tb: 0
  3. cm: 8
  4. [ edit ]

アップライトピアノがやってきた!

実家からアップライトピアノを自宅へ運ぼう計画を練っていたワタシ。

今日、ついにアップライトがワタシのお家へやってきました!
大型家具を移動したり、洋服類を片付けたり、、、ピアノの下にしく
フラットマットを準備したり、、。

ようやく調律師さんへ連絡し、連休明けの今日、搬入することが
決まったのでした。

重~いピアノ、どうやって運ぶのかしら?
実家は玄関も窓も大きいけれど、我が家は玄関も狭いし、、
入らなかったらどうしよう、、、??

ワタシの不安をよそに、調律師さんと運送屋さん(男性二人)は
ピアノにベルトをかけ、玄関先へと引っ張ってきた。
そこからが急に廊下は狭くなる。そしたらなんと!
横長のピアノをタテにして、ずるずると部屋へ移動!
それでも、階段スレスレだったが、なんとかピアノは部屋に
収まった。
すごい技術だった。さすがプロ!!
心の中で、拍手喝采だった。

それから3時間あまり、調律師様は掃除機をかけつつ、音を
調整、けずったりこすったり??
やがて、調律師様が弾くステキなメロディが聴こえた。
「終わりました~」の声がかかり、早速ワタシも弾いてみた。

これ、ホントにワタシのピアノだったかしら?というような
キラキラした響き。タッチを重くして欲しいとの希望もかなっていた。
実家にあった時とはちょっと違う、いい響きと音。

ワタシの耳が嬉しさのあまり舞い上がったのか?

最初はそう思ったが、旦那までが、「今までと音が違う」と
言い始めたのだった。
旦那はピアノの経験はないが、ギターは弾く。音にもうるさい。
やっぱりピアノが生き返ったんだ。

さすがにグランドピアノのような響きはないけれど、ワタシが練習するには
充分にキレイな音だ。
他のピアノ友達が弾けば、もっとキレイな音も出るに違いない。

隣近所が近いので、夜は弾かないことにしている。
今日は早めに寝よう。明日は早めにピアノ練習を開始したい。

明日以降、どのピアノ友達が遊びに来てもいいように
片付けておかなくっちゃ!
隣のリビングにもピアノの音は筒抜けなので、リビングでお茶しながらも
ピアノが聴ける。
デジピもあるから、2台のピアノで弾く曲もできるかも☆
楽しい想像をふくらませながら、そろそろ寝ます。

生まれ変わったヤマハのピアノちゃん。やっと一緒に暮らせるね。
これからこそ、よろしくね、、、♪

子供の頃はキライだったピアノの練習、教室。
今はピアノが好き。教室も先生も大好き。ピアノ仲間も好き。
ワタシのピアノ人生はきっとこれからだわ~~~~。
あと何年かわからないけれど、、長生きしなくっちゃ☆





NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

白チェブ

Author:白チェブ
子供の頃習っていたピアノを、2年前に再開しました。
中学で辞めてしまったピアノ、大人になって電子ピアノを買ったのをきっかけに、また先生に習いはじめました。
憧れだったショパン、挫折したベートーベンなど、トラウマを無くすべく、日々ピアノを楽しんでいます。

うぇるかむ☆

お気に入りブログ

カテゴリ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。