マトリョーシカおばさんのピアノにっき

40代になってからピアノを再開した、寒がり主婦のピアノ日記です。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. etc.
  2. tb: 0
  3. cm: 4
  4. [ edit ]

発表会、終わりました!

リハーサルから2週間後、本番の日がやってきた。

開演が、夕方6時半から。当日のリハーサルがリハスタジオで、
お昼に30分ほど。会場入りして本番のピアノで弾けたのが3分くらいかな。
初めて弾く、M会場のヤマハのグランドピアノ。
どんな音がするだろう。タッチは軽いだろうか、、。
、、、弾きやすいピアノだった。ただ、ペダル使いが
下手くそなワタシ、加減があまりつかめなかった。

ワタシの出番は1部の終わりに連弾を2曲弾き、最後に
ソロを弾く。

小さい子どもたちがお姫様のようなドレスでかわいらしく
次々と弾いて行く。じっくり味わっている余裕はない。
あと、何人弾いたら舞台袖に行ってスタンバイだ??
そればかりが気になり、、。
ちょっと早めに舞台袖へ。
すでにキンチョーしている。小さい子と、先生の連弾が
軽やかに終わった。
さて、いざ出番!
お辞儀のタイミングも二人で相談していたはずなのに、
舞い上がってしまい、自分勝手にお辞儀して弾く用意を
始めてしまった。
一曲目、「やさしい花」、、、プリモの友達に合わせて
ちょっと伴奏をつけた連弾。あっという間に終わった。
二曲目、ブラームスのワルツ。
ゆったりとした和音の多いこの曲、選んだのはワタシ。
短い曲だけれど、大好きな曲。連弾なんてやったことないのに、
エントリーを決めてしまっていた。気になるピアノ友達の
Yさんといっしょに発表会に出たかったのだ。
Yさんは快く引き受けてくれて、それから毎週あわせる練習をした。
練習する時間があわなくて、土日が中心の練習になった。
ワタシは毎週Yさんと会い、レッスンを受け、楽しい週末をすごした。
自分だけではどうにも弾けないこの曲、連弾なら弾ける。
本番では、多少のミスタッチはあったものの、気持ちよく弾けた
ような気がする。

問題はソロだった。ショパンのノクターン9-2。誰もが知っているこの曲。
2,3年前からピアノサークルでは毎回のように弾き、聴いてくれているみんなの
耳にタコができたかもしれない曲。
どうしても発表会でこの曲を弾きたかった。
3年ほど前に他の方のブログで、この曲を弾いた方がいた。
まだ習い始めたばかりのようだったけれど、暗譜でつっかえながらも
がんばって弾いていた。すごくキンチョーされていたけれど、果敢に
挑戦し、最後まで弾き終わり、、とても感動して泣けたのを覚えている。
ようし、いつかワタシもこの曲を発表会で弾こう。
その時からずっと憧れていたのだ(しつこいよな~ワタシ)

何回間違えようと、弾き直そうと、この曲を弾きたい。
先生に「この曲は音が飛ぶので、、」とやんわり断られてきた。
でも、ついに許可がおりた。(先生が根負けしたのかもね)
ワタシなりにステキなノクターンにしたい。
先生も諦めずに色々教えてくださり、今のワタシにはこれが限界、
というところまできていたと思う。

最後のクライマックスで、音をはずす、というハプニングがおこり、
ええっ!となったが、指はすでに次の音に移っていた。
とりあえず、最後まで弾いた。
もっとテンポを落としたらもっと表現できたかな、とか、
フレージングがもっと、、とか、欲をいえばきりがないけれど。
難しい曲だった。左手の和音がやわらかく右手に寄り添うのは
ホントに難しい。右手のメロディが聴こえないのも面白く無いし、
フォルテで右手だけ聴こえるのも無骨だし。

でも、ひとつ憧れを実現できた。(出来はともかく)
これからも色んな曲を弾いて、また2年後くらいに
この曲をもっとキレイに弾けるように成長していたらいいなぁ、、。

まだまだ発表会話は尽きない。だって、初めてS先生の発表会に
出たんだもの、、。
がんばって弾いた人みんなに、おいしいチョコケーキと花束と、ペットボトル入れを
いただいたのよ~。来年もあのケーキがもらえるんなら、ぜひ出たい!
とてもおいしいケーキ。キンチョーしたワタシの心をほぐすには充分だった。
発表会は終わった。そう、来年にむけて、また新たなスタートが切られたのだと思う。
また、あのケーキを食べるために(笑)


スポンサーサイト


NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

白チェブ

Author:白チェブ
子供の頃習っていたピアノを、2年前に再開しました。
中学で辞めてしまったピアノ、大人になって電子ピアノを買ったのをきっかけに、また先生に習いはじめました。
憧れだったショパン、挫折したベートーベンなど、トラウマを無くすべく、日々ピアノを楽しんでいます。

うぇるかむ☆

お気に入りブログ

カテゴリ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。