マトリョーシカおばさんのピアノにっき

40代になってからピアノを再開した、寒がり主婦のピアノ日記です。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. etc.
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

レッスンでした。

先日、久々にレッスンを受けました。
連休、家庭訪問、午前授業などで、さっぱり予定が
たたず、、。

ハノン、、左手の親指の力がなかなか抜けない。くの字に
まがったまま。でも、リズム練習はハノン2番に入った。
ホントはスケールやらなくていいのかな?と思いつつ、
2番をやろうとしている。

チェルニー100番。
一度弾いたら、先生が「子供ならすぐ丸ですね」と。
どうやら、チェルニーにはチェルニーの弾き方があるらしく、
左手が弱すぎる和音でもダメらしい。最後の音も上にあげるのでは
なく、その場で弾き終わる。
途中までかっちり弾いてきて、途中からふわりと優しく歌い出す。
私には考え付きもしなかった弾き方だ。
表情の付け方ってまだまだわからない。

メリカント2曲
事前に、形になってきました、なんて言うんじゃなかった、、
結構ボロボロとまちがった。
間違ったのもしょぼんとしたけど、1曲を大きくみれない、
表情が途中で途切れている、のがショック。
次の音につなげるように、もっていくことが難しい。
オーバーアクションしないで、たっぷりと歌うこと。
視界を広く持つこと、など。

ちょっと弾けるようになった気分でいたけど、
まだまだだった~~~。
途中のペダルなし、は何故ないのか、これがエスプリですよ、
と言われる、、。めいもこ様にも同じこと言われていたなあ。
聴いている人におや?と思わせる、1小節の休み。
軽い和音で上昇して、最後に解決させる、ゆったりとした和音。
メリカント、どこまで仕上げられるかなあ、、。
発表会まで4週間をきっている。
おちゃらけ発表会にならないよう、親睦会で終わらないように、
でも、楽しいなつかしいワルツ・レントにしたい。
ショパン風ワルツの方も、解釈が結構違っていた。
メリカントさんが一番つたえたいメロディは何だったのか、
考えてみようと思ったレッスンでした。

レッスンをおわってお昼を食べたら、ヘトヘトになっている自分が
いて、、昼寝しました。
いつも充実したレッスンをしてくれる先生に感謝です、、。

スポンサーサイト



 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

白チェブ

Author:白チェブ
子供の頃習っていたピアノを、2年前に再開しました。
中学で辞めてしまったピアノ、大人になって電子ピアノを買ったのをきっかけに、また先生に習いはじめました。
憧れだったショパン、挫折したベートーベンなど、トラウマを無くすべく、日々ピアノを楽しんでいます。

うぇるかむ☆

お気に入りブログ

カテゴリ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。