マトリョーシカおばさんのピアノにっき

40代になってからピアノを再開した、寒がり主婦のピアノ日記です。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. etc.
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

はあ~~~っ(ため息)

先日はピアノレッスンでした。
前回のレッスンからちょうど2週間たちます。

何を練習していたか?ショパンノクターンの2番、左手のみ、、。
バスの音に注意しながら、手のもっていきかた、ラクな指使いを
再び考える、、。

それしかやっていないのに、まだ出来ていない。
ハノンはちょぼちょぼやってるし、チェルニーはサボりっぱなし、
連弾曲はぼちぼち。

なのに、左手がすぐにどよ~んと疲れてしまい、使い物にならない。
左肩はこるし、ウデの上腕部がすぐいたくなり、二の腕も痛くなる。
なぜだ~~~?

レッスンでは、主にペダルの踏み方をしっかり教わりました。
パスの音を弾いたと同時にあげて踏み直し。
これだけのことなのに、できないワタシ。
ワタシがペダルに足をかけた上に、先生が足をのせて
ペダルを踏む感覚を教えてくれた。

まず、ペダルでリズムを刻まないこと、、、。
バスドラじゃないんだから、、。
足をペダルから離さないこと。いつものせておくこと。
踏むときは数センチ下にふむだけ。
上げるときはガン、とあげない。
ペダルを踏む音、上げる音をさせないこと。

今まで、全部逆のことをやっていました。
特に「子犬のワルツ」なんかではフォルテなのをいいことに、
ガンガンと踏んではあげ、曲をだいなしにしておりました、、反省。

踏むタイミングも難しいけど、踏み込む深さもムズカシイ!
8割方でいいのに、10割踏んでいるワタシ。
音が響きすぎ~

こんなので、9月の発表会に出る気なのか、ワタシ?
9月の発表会をゴールにするつもりはなく、引き続ける
予定ではいるけれど。
ああ、超有名でエラく難しい選曲をしてしまった気がする。
でも、いつかは越えたかったヤマなので、登り続けるだけよ~~

先生は、左手よくなりましたよ、と言ってくれる。
ホントに少し良くなったのだろうか?
良くなった、と信じないと練習を続行できない気がする。

右手はまだまだこれから。

レッスンは密度が濃くて嬉しいけれど、できない自分に
情けなさもすごく感じる、、。

まずは、、発表会用の靴を買おうっっと♪
靴がないとペダルの練習にならないものね☆
華やかな、キラキラの靴がいいかなあ~

買い物は気分を盛り上げてくれる☆

ちょっと凹みぎみのワタシでした、、、。
スポンサーサイト



 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

白チェブ

Author:白チェブ
子供の頃習っていたピアノを、2年前に再開しました。
中学で辞めてしまったピアノ、大人になって電子ピアノを買ったのをきっかけに、また先生に習いはじめました。
憧れだったショパン、挫折したベートーベンなど、トラウマを無くすべく、日々ピアノを楽しんでいます。

うぇるかむ☆

お気に入りブログ

カテゴリ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。