FC2ブログ

マトリョーシカおばさんのピアノにっき

40代になってからピアノを再開した、寒がり主婦のピアノ日記です。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. etc.
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

4月のピアニスト達☆

今日は小山実稚恵さんのピアノコンサートでした。

4月はピアノ・コンサートでいっぱい。辻井信行さん、智内威雄さん、そして今日の
小山実稚恵さん。

岩手はちょうど桜が満開、いや散り始め、という季節。
新中学生を抱える我が家にも、ちょびっとだけゆっくりした
気分が戻ってきた最近。

小山実稚恵さん、盛岡で過ごした時期もあって、よく名前を聴く
ピアニスト。親近感も以前からあった。
彼女のコンサートは3回めだったけれど。

今回は特に素敵だったような、、、。
いや、毎回ステキだったんだろうけど。

やわらかい音、、キレイなピアニシモ、、。
響くフォルテ、ゆったりとした歌い方、、
場面が切り替わるような、きっぱりとした弾き方。

多彩な絵をみるような、ショパンのバラード1番、スケルツォ。

テンポは速いのに、ゆったりと聴ける。
女性だから出せるのかなあ、このニュアンス。

英雄ポロネーズは、きらびやかな英雄で、器の大きい英雄。

アンコールで弾いてくれた、シューマンのトロイメライ。
この曲を聴くと、ああ、寝る時間。夢の時間だわ。
としか思っていなかった。でも。

この曲は、、憧れていた夢が叶わなくて、、、とても切ない、、
そう聴こえた(勝手な自己解釈です)
思いは高まるけれど、届かない。
弾き終わって、拍手しながら、ちょっと泣きそうになりました。

華麗なる大円舞曲。同音連打で始まる曲、この繰り返しが
楽しい曲なのね~。
明るいけれど、タイクツ?な曲かと思っていた(なんという失礼な)

いろんなニュアンスが味わえて、楽しいコンサートでした。
あまり大きくないホールだったけれど、至近距離で見れて、聴けて、
大満足。
年に一度来てくれないかしら。

お待ちしています、と伝えたいなあ。

このコンサートにはピアノサークルの仲間8人が来ていて、
その後、充実したお茶会!?をして、ケーキとコーヒーで
しゃべりまくりました。
マニアックな話、炸裂~~

ワタシは、ノリでエラそうなことばかりほざいてきました。
が、ピアノはスランプ状態で、大変です。
万年スランプなのかも?

4月のピアニストたちは、どの人も色が違って良かった。
忙しいけれど、癒やしあり、刺激ありの楽しいひと月でした。
スポンサーサイト



 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

白チェブ

Author:白チェブ
子供の頃習っていたピアノを、2年前に再開しました。
中学で辞めてしまったピアノ、大人になって電子ピアノを買ったのをきっかけに、また先生に習いはじめました。
憧れだったショパン、挫折したベートーベンなど、トラウマを無くすべく、日々ピアノを楽しんでいます。

うぇるかむ☆

お気に入りブログ

カテゴリ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。