マトリョーシカおばさんのピアノにっき

40代になってからピアノを再開した、寒がり主婦のピアノ日記です。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. etc.
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

今年の漢字、ワタシは「忙」

わ~~、あと一時間しないうちに、今年が終わってしまう!!

せめて今年をざっくり振り返りたい!
と思いながら、ウトウトしながら、辻井さんのテレビを見ていました。

なんと楽しそうに弾くんだろう、、。辻井さんのピアノはいつも楽しそうだ。

思えば、今年は辻井さんのコンサートから始まった。オールショパンプログラムで
ウットリした。バラードの4番がとても好みだった。

その1週間後、ショパンコンクールの入賞者たち6名がコンサートに来た。
YouTubeで見たり、聴いたりした彼らのピアノと、生のピアノが
ずいぶんとちがっていて、それがまた素敵で、何回もアンコールした。
チョ・ソンジンの弾く英雄ポロネーズに舞い上がったのは、ワタシだけでは
なかったようだ。
エリック・ルーの音も良かったな。
ケイト・ルーもあの細い体から、軽やかな猫のワルツを弾いていたっけ、、。

そんな贅沢な1月がおわり、、5月に舞台でワタシはベートーベンを弾いた。
あまり上手くいかなかった。満足できなかった。
先生に泣きついて、11月の教室の発表会で再びベートーベンに
チャレンジした。先生も手とり足取り教えてくれ、後押ししてくれた。
結果、自分ではとても満足することができた。(当社比ね)
ワタシにも、ベートーベンが弾ける。(ワタシなりにだが)

忙しかったのは、仕事が増えたからだった。8月の暑い日から、50軒くらいお客さんが
増えた。慣れないお客さんはムズカシイ。家にすんなりとたどり着けない((泣)
やっとたどり着いても、不在だったりした。
それなりに収入は増えたけれど、、、思ったほどではなかった。
世の中は、そんなに甘くないね(笑)

当然、ピアノ時間も減ってしまった。仕事から帰ってきても、疲れていてピアノに
むかえなかったこと、多数。
仕事に慣れてからは、夕方なら弾けるようになってきた。

仕事以外にも、子供会の会長役がきたり、自治会の班長役、小学校の役員など
忙しい一年だった。
不登校気味の娘のことを学校に相談したりするのも大変だった。
気落ちすることも多かった。

夫の仕事も例年になく忙しくて、、、。
それでも海水浴に行ったし、さんさパレードにも出た。

来年はまた別の緊張感があることだろう、、。

そんな来年の漢字は、、、「健」でありたい。
食べすぎない。悩みすぎない。少ない時間でも運動する。

わたしにできるかしら。いや、できないでどうする!
わたしには、、、きっとできる、、はず(笑)

といいながらも、2月に舞台でピアノを弾くことに
してしまった、、、、汗
今度は、明るいモーツァルトのソナタで~~す。
ホントに弾けるの???大丈夫??

まあ、本番があるから、がんばるしかないわけだよね、、、。
大丈夫、きっとできる!!

といいながら、今年もあと数十分で終わるわけだ。

素晴らしい年にならなくてもいい。ほどほどに、何事もなく
平和な年になりますように、、、、。
スポンサーサイト



 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

白チェブ

Author:白チェブ
子供の頃習っていたピアノを、2年前に再開しました。
中学で辞めてしまったピアノ、大人になって電子ピアノを買ったのをきっかけに、また先生に習いはじめました。
憧れだったショパン、挫折したベートーベンなど、トラウマを無くすべく、日々ピアノを楽しんでいます。

うぇるかむ☆

お気に入りブログ

カテゴリ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。